スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29週 搬送(入院編)

安静ブログを書きながら、今まさに安静中の方々のブログを拝見させて頂いて、コメントさせていただきたい反面どう書けばいいかも思いつかず、「ただ私はこんなんでしたよ。」とすこしでも参考になれればと更新しています。

さて、29週。

入院 15日目。

もうこの病院で使える薬の限界は後わずか。。
最後の薬を使って治療しているが、嵐の前の静けさのように今張りがない。
ここ何回も大きな張りの前にはこんな風に張らなくなるから不安だらけだ。
もうあと1週間でもお腹にいてくれれば、少しは大きくなってくれるのに。。。
1日、1日。大きな張り来ませんように。。。

入院16日目。

昨日やはりまた10分間隔の張りが来た。もうマグネゾールも最高の10になり、いよいよこれ以上あげられない。
まだまだ小さい私の赤ちゃんなのに何もしてあげられないもどかしさだけが残る。
私はどうなってもいいから赤ちゃんだけは、元気に育って産まれてほしい。
自分よりも大切なもの。
「親になるって、こういうことなのね。」と今本当に実感しています。
おかぁさんが毎日来てくれて私を心配してくれているのが、今とてもよく分かる。本当ありがたい。
明日は、搬送です。

入院17日目。
 
初めて救急車に乗った。ベットごと救急車まで連れてきてもらい、見えた久しぶりの外は、晴れた空の景色でした。
不安をかかえつつも、なんだかすがすがしい気分で、10分で張っているお腹を気にしながらも、先生が「大丈夫。大丈夫。」といいながら次の病院まで付き添ってきてくださいました。

NICUのある大きな病院へ搬送され、色々チェック。。。
この日は、あっという間にすぎました。
この時、頸管の長さが、まだ2センチあること。
で尿管は外され、車いすでトイレまでいけるようになりました。
この日、もしもの場合の帝王切開の同意書なんかも提出して、さらしも準備するように母に伝えられていました。

結局。ウテメリン3A10滴。マグネゾール12滴ぐらいでおさまってくれた気がします。この辺から、薬の量を書くのも嫌になってきてしまってメモっていません。

ただ34週のマックスには、ウテメリン3A33滴。マグネゾール27滴ぐらいだったような。。。
私の場合、マグネゾールが良く効いてくれたらしく、マグネゾールが結構多かった。。
この時入院していた妊婦さんでこんなに数値の高い点滴をさげている人は私だけだったから、心のどこかで「私だけ、ちがう。」と思っていました。

切迫早産にも色々あって色んな理由でそれぞれに不安を抱えながら、涙しながらがんばっていたことが、入院してしばらくしてわかりました。皆、ゴールの36週越えをめざして、1日、1日。同じ目標に向かって進んでいく。

「1日、1日。今は、目の前の1日だけを見るように。」
この時看護師さんが、言ってくれた言葉です。
わたくしは、この言葉で、なんだか少しほっとしたのを覚えています。


コメントの投稿

非公開コメント

ブログランキング

プロフィール

さゆわん

Author:さゆわん
第1子の時、切迫早産を経験し入院、母体搬送のフルコースを味わった。それから5年後決意の2人目妊娠。初期からの張りに悩まされましたが無事出産。2人目妊娠記録から、1人目の壮絶な切迫のメモを公開しています。
にほんブログ村 マタニティーブログ 切迫流産・切迫早産へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたらポチッとおしてやってください。

日常をつづった洋裁ブログもやってます。
さゆわん。洋裁漬生活への道。http://ameblo.jp/sayuwan2002/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
育児
1484位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
成長記録
589位
アクセスランキングを見る>>
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。